古銭が日本における経済の移り代わりを物語っています

深い関わりあいがある古銭と日本

時代をともにした日本の古銭

今、私たちは日本で円というお金を使っていますが、この円という単位に決まるまでに様々なお金の単位が使われていきました。今現在使われていないお金のことを古銭と言います。この古銭は現在入手することは非常に難しいため、コレクションしている人がたくさんいます。

そもそも、日本で初めて使われたお金はなんなのかというと、飛鳥時代まで遡ります。飛鳥時代になって初めて中国の開元通宝と呼ばれる貨幣を真似して富本銭と呼ばれる貨幣が誕生しました。この富本銭が作られる前までは、お金という概念が存在せず、何か欲しいものを手に入れようと思った際には、相手が欲しがっているものとの物々交換を行っていました。交換に使われる主なものは米や塩、布などがありましたが、これらのものを毎回持ち運ぶのは非常に面倒であり、米などは長い間保存しておくことができなかったため、持ち運びに便利で腐ったりする心配のないお金が使われるようになりました。

特に、物々交換では物と物の価値が必ずしも一致するわけではないので、お金が作られてからはよりスムーズな交換を行うことができるようになりました。飛鳥時代の終わり頃には和同開珎と呼ばれるお金が新しく作られました。安土桃山時代に入ると豊臣秀吉が新しい硬貨を作りました。金貨や銀貨の他にも天正長大判と呼ばれる17.5センチもある硬貨が作られました。この硬貨はご褒美のために作られた物で、一般の人々は目にすることすらできなかったと言われています。江戸時代に入ると、徳川家康が新しく金貨、銀貨、銅貨の3種類の硬貨を作りました。これらの硬貨は時代劇などでよく耳にする、両や文と呼ばれる物です。これらの硬貨の他にも、自分たちの藩でのみ使うことができる藩札と呼ばれる紙幣も作られていました。他の藩との取引をするのが非常に面倒であったため、明治時代に入ると日本のどこでも使うことができるように、お金の単位を統一する制度を作りました。

そして、新貨条例と呼ばれる条例が公布され、円、銭といった単位が使われるようになりました。この時期に日本で初めての造幣工場が大阪に誕生しました。古いお金の換算をスムーズに行うことができるよう、1両を1円と定めていました。日本の古銭は今現在使われておらず、入手も非常に困難であるため、コレクターの間では大変貴重な物で、古銭の買取サイトも多数あり、中には驚くような高値で売買されるものもあります。このような様々な種類の古銭を経て、今私たちが使っている円という単位は生まれました。

©2014 古銭は日本の歴史を知るためには重要なアイテムです